浮気の証拠

証拠が大事なのです!

ひとりで浮気調査をしては、なかなか手に入らないのが確たる証拠ですよね。

 

しかし、この証拠があるかないかが、そのまま不貞行為があったかどうかの判断につながり、離婚裁判の結果をわけることになります。
不貞行為があったということは、法律上の離婚自由に該当するわけですから、その行為の存在が証明されることにより、裁判で離婚や慰謝料請求が認められることになります。

 

そのため、浮気をされた側は、必死になって浮気の証拠を集めようとしますし、逆に浮気をしているほうは、その証拠がみつからないように最善を尽くそうとするわけです。

 

ここで大事になってくるのが探偵事務所の存在です。
彼らがしっかりとした証拠を揃えられるかどうかで、慰謝料の額が変わってくるどころか、そもそもその請求が認められるどうかが違ってきます。

 

確たる証拠としては、ラブホテルへ浮気相手とともに入っている現場の写真や動画があれば充分です。
実際に行為に及んでいるところを撮るのは監視カメラでも設置しないかぎり難しいですし、それはそれで法律上問題があります。
ですので、不貞行為があっただろうと一般人が判断して妥当だといえる証拠であれば、不貞行為の存在が認定されることになるのです。

 

また、ラブホテル以外のシティホテルやビジネスホテルであっても、同じ部屋に泊まった宿泊記録があれば、それが証拠になりえます。
さらに浮気相手の家に足しげく通う現場の写真が押さえられれば、これもまた有効です。

 

メールも証拠能力が認められています。
つまり、パートナーの携帯に、昨日の夜は最高だった、などと不貞行為を連想させる内容のメールがあれば、これも証拠となりえるのです。

 

風俗やデリヘルを呼んだ記録も証拠になります。
この場合は、パートナーのみに慰謝料を請求していくことになりますが、不貞行為として認定されることに変わりはありません。

 

そしてグレーゾーンというか、まだそういった判例がないのが、ネットを利用した浮気行為です。
たとえば、ライブ放送や、チャットを使って裸を見せ合い、愛を語り合ったとしても、いまの法律では不貞行為に該当することはありません。
これから裁判も近代的になって、こういった事例にも対応してくるかもしれませんが、まだそういった判例はでてきておりません。
なので、この事実が法律上の不貞行為に該当するとして、そして離婚や慰謝料請求が認められることは、ほぼないといっていいでしょう。
ただし、不貞行為に該当しないからといって、離婚や慰謝料請求そのものができないか、というとそうではありません。
つまり、その浮気行為によって、夫婦関係が断裂しているのであれば、不貞行為には該当しなくても、離婚や慰謝料請求が認められることはあるというわけです。

 

ですから、探偵事務所で浮気調査を依頼し、プロの手によって確たる証拠を集めてもらうことは、まったく無駄になることはないのです。