調査がバレるか心配

浮気調査がバレるリスクについて

浮気調査がパートナーに知られるかもしれないリスクがあります
浮気調査にふみきれずにいる人の心情としては、まずは探偵事務所に対する不安感ですよね。

 

あまり馴染みがないところですから、いったいどういうふうに浮気調査が進むのかもわからないし、どのような費用がかかるのかもわかりません。
このような不慣れな場所であることから、躊躇している人も多かろうと思います。

 

また、他にも考えられるおおきな理由としては、パートナーに知られる危険があるということではないでしょうか。

 

パートナーに探偵事務所へ浮気調査をしたことがばれたらどうしよう、そう考えて、なかなか行動を起こせない人もまた相当に多いです。
ただ、依頼人が心配しているほど、パートナーにばれるリスクというのはけっして高くはありません。
ばれずに調査が終了する確率のほうがはるかに高いです。
ただ、100%ではなく、ばれてしまうことも残念ながら起こりえます。

 

これは、なにがいけないかというと、9割が調査員によるミスといえます。
探偵事務所に勤める調査員のすべてが優秀というわけではなく、なかには能力的に乏しかったり、まだ新米で荒削りな方もいます。
このような方が担当した場合に、ミスがでやすいのはいうまでもありません。

 

通常、浮気調査のさいには、調査員が3人程度のパーティー組んで調査にあたることが多いです。
そして熟練の調査員をリーダーに、あとは若手をふたりほど組ませて経験を積ませる、という形態をとっていることが多いです。
さらに対象者の尾行を3人で交互に替わって行なうことによって、警戒されても発覚するリスクを極力下げて行なうわけです。
これらの交代のタイミングであったり、警戒されているから、この日は中断にする、などの判断は、パーティーのなかのリーダーによって決せられます。
したがって、リーダーがしっかりしているチームでは、浮気調査がパートナーに発覚することはまずありません。

 

しかし、リーダーをつねに熟練の優秀な者が務めるか、というとそうではありません。
そもそも3人全員が新米であったり、3人ですらなく、たった1人の若手が調査にあたることもあります。
総じて、このような場合に、パートナーに尾行がばれてしまうことが多いのです。

 

このような事態を避けるためにどうしたらいいのかというと、まずは信頼と実績を備えた探偵事務所を選ぶということです。
さらに、依頼のさいには、直接、調査にあたる調査員と面会し、しっかりした調査員であることを確認しておくとよいです。