慰謝料の金額

慰謝料はこれくらい請求できます

浮気が発覚した場合、依頼人は離婚できると同時に、慰謝料を請求する権利も手にします。
この慰謝料というのは、ようは損害の賠償です。

 

つまり、浮気されたことによって、依頼人はショックを受け、精神的な苦痛を感じます。
さらに、夫婦関係が崩壊したことによる、経済的、実質的な損失があります。
これらの損害を賠償してもらう権利が、慰謝料請求権というわけです。

 

したがって、依頼人は慰謝料請求権を、パートナーだけでなく、その浮気相手にも有していることになります。

 

まずは、パートナーに対する慰謝料請求についてみていくことにしましょう。

 

多くの人の関心事は、いったいどれくらいのお金をもらうことができるのか、ということだと思いますが、一般的な相場を挙げるとすると、多くて300万円程度だといわれています。
ただ、浮気の程度や夫婦関係の長さ、またパートナーの所得いかんでは、もっと高額な慰謝料が認められる場合もあります。

 

また、離婚を決意した場合には、財産分与請求というものも法律上認められています。
これは慰謝料請求とはまた別物です。
夫婦において、配偶者の一方が会社員でその財産によって生活しているということはよくあります。
その財産は働いている配偶者のみのものと考えやすいですが、法律上は夫婦関係がある以上、一方が専業主婦や専業主夫だったとしても、夫婦の双方の財産だということになっています。

 

したがって、離婚をする場合には、慰謝料請求とはまた別に、この財産分与請求ができるというわけです。
基本的には、夫婦関係が長ければ長いほど、財産の額も多ければ多いほど、財産分与もたくさん受けられる、ということになります。

 

つぎに、浮気相手に対する慰謝料請求についてみていきましょう。

 

一般的に、浮気相手に対する慰謝料請求は、パートナーに対するものより小額になる傾向にあります。
ただし、やはり浮気の程度や浮気相手の所得いかんで、その増額というのは可能になります。

 

また、離婚しているかどうかも慰謝料の額を決する重要なポイントになってきます。
つまり、離婚している場合には、そのぶん損害も甚大だとみなされ、高額の慰謝料請求が認められます。
離婚していない場合には、損害の程度は軽微だとされて、小額の慰謝料請求にとどまることになります。

 

慰謝料請求にしろ財産分与にしろ、パートナーと別れて新生活を始めるうえでは大切な資金となります。
ですから、しっかりと弁護士と相談のうえ、探偵事務所の獲得した決定的な証拠とともに、できるだけ高額の慰謝料を勝ち取るため、最善を尽くしていくとよいでしょう。